【動画】トヨタ悲願の「ルマン制覇」は残り5分の悲劇に…優勝目前でストップ

トヨタ「ル・マン24時間レース」悲劇の5分間

トヨタチーム、ドライバー、実況、解説者、それぞれが悲痛な叫び…
ル・マントヨタ

2016 ル・マン24時間レース トヨタ悪夢の5分間 優勝目前ストップ  …ACE

sponsored link


 

TOYOTA GAZOO Racingは、#5号車が23時間55分まで手中に入れかけていた初勝利を、チェッカーフラッグへ1周を残し、まさかのトラブルで逸した。#6号車が2位表彰台を獲得したものの、チームにとっては悔しい24時間レースの幕切れとなった。
TS050 HYBRID #5号車
(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)
22時間経過時点(中嶋一貴)1位 351周
23時間経過時点(中嶋一貴)1位 368周
最終結果 失格、384周、ピットストップ28回、
ファステストラップ : 3分22秒495
TS050 HYBRID #6号車
(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)
22時間経過時点(ステファン・サラザン)3位 348周
23時間経過時点(ステファン・サラザン)3位 364周
最終結果 2位、381周、ピットストップ28回、
ファステストラップ : 3分21秒445

sponsored link


 

レースを通して首位を争った2台のTS050 HYBRIDは、残り3時間の時点で同一周回の1位と3位を走行。トヨタのル・マン24時間レース初勝利へ向けて順調にレースを戦っていた。
#6号車は夜間の接触とスピンに起因する不具合を修復すべく正午過ぎにピットイン。10分弱を要したが、3位のポジションを守ってレースに復帰した。
これで優勝争いは#5号車とポルシェ#2号車の一騎打ちとなった。最後の3スティントを担当すべくステアリングを握った中嶋一貴が、2位のポルシェとの30秒の差を保ちながら周回を重ね、残り3周でポルシェ#2号車が緊急ピットイン。その結果、1分半へと差は広がり、#5号車の初勝利は安泰かと思われた。
しかし、チェッカーフラッグへ残り5分ほどで#5号車がまさかのスローダウン。ファイナルラップへと向かう最後のストレート上でストップ。なんとか走行を再開した#5号車だったが、規定の6分以内に最終周を走り切ることが出来ず、失格となった。
24時間レース最後の数分で勝利を逃すこととなったTOYOTA GAZOO Racingは、#6号車が2位表彰台を獲得。26万人の大観衆の祝福を受けた。

sponsored link


 

第3戦 ル・マン24時間 最終結果(LMP1-Hクラス : 暫定)
順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 2 ロマン・デュマ
ニール・ジャニ
マルク・リーブ
ポルシェ・チーム/
ポルシェ919ハイブリッド
384
2 6 小林可夢偉
ステファン・サラザン
マイク・コンウェイ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
381 3 Laps
3 8 ルーカス・ディ・グラッシ
ロイック・デュバル
オリバー・ジャービス
アウディ・スポート・チーム・ヨースト/
アウディR18
372 12 Laps
4 7 マルセル・ファスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
アウディ・スポート・チーム・ヨースト/
アウディR18
367 17 Laps
13 1 ティモ・ベルンハルト
マーク・ウェバー
ブレンダン・ハートレー
ポルシェ・チーム/
ポルシェ919ハイブリッド
346 38 Laps
5 中嶋一貴
アンソニー・デビッドソン
セバスチャン・ブエミ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
384

最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link