【動画】マツダ初の電気自動車「e-TPV」プラットフォームを徹底チェック!

同時にロータリー復活! マツダが発表した初の電気自動車コンセプトを詳細チェック!

sponsored link


マツダが発表した電気自動車のプロトタイプである「e-TPV」をノルウェーのオスロで試乗する機会を得た。
このe-TPVは現在のマツダのスモールプラットフォームの発端とも言える電動化対応のプラットフォームを用いており、これを開発してきた中で、マツダ3やCX-30が一足先に送り出されていった経緯がある。
つまり当初からマツダのスモールプラットフォームは当初から電動化を意識していたものだった。そして今回ここに、最高出力105kW、最大トルク265Nmのモーターを搭載し、35.5kWhのバッテリーを組み合わせたピュアEVが試乗車として用意された。
しかしながらこのプラットフォームはマルチ電動化技術対応をしており、モーターだけのピュアEVのみならず、エンジンとの組み合わせを考えたレンジエクステンダーやプラグインハイブリッド、シリーズハイブリッドと派生するプランも含まれている。そしてここで組み合わせられるエンジンが、マツダの御神体ともいえるロータリーエンジンなのである。
こんな具合でマツダが発表したこのe-TPVは衝撃的なトピックの多い1台だが、今回は試乗車であるEVバージョンを試乗前にLOVECARS!TV!キャスターであり自動車ジャーナリストの河口まなぶが徹底チェックした。

sponsored link



最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link