スバル「新型レヴォーグ」を動画で徹底チェック@東京モーターショー!

スバル レヴォーグ プロトタイプを徹底チェック!

sponsored link


新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開
~新世代アイサイトや新開発水平対向エンジンを搭載~
SUBARUは、第46回東京モーターショー2019*1において、新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開しました。

sponsored link


新型レヴォーグは、SUBARUの持てる最先端の技術を結集し、自動運転化が進むモビリティ社会において、「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現したパフォーマンスワゴンです。
新型レヴォーグの開発にあたって目指したことは、SUBARUを信頼してくれるすべてのお客様のために、「クルマの本質である運転を、心から愉しめる未来をつくること」「お客様の人生をもっと豊かにしていくパートナーであること」です。
そして「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というSUBARUが提唱し続ける“グランドツーリング思想”に基づき、時代の先を見据えた最先端の技術をすべて注ぎ込み、新世代SUBARUの象徴となるモデルとして開発しました。

sponsored link


デザインは、SUBARUのクルマそれぞれが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用。「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない、新たなアクティビティに向かってチャレンジしてほしい」という想いを表現しました。
テクノロジーでは、「あらゆるシーンで、運転の不安やストレスを減らし、心から運転を愉しむ」ために、新開発のステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーで構成された新世代アイサイトを採用。加えて、高速道路上で利用可能な高精度マップ&ロケーターを活用した最先端の先進運転支援システムや、万が一の際につながる安心を提供するコネクティッドサービスを採用しました。
また、「乗る人すべてにとって、心から気持ち良いと思える運転の愉しさ」のために、加速性能と環境性能を高い次元で両立した第4世代*2となる新開発の1.8L水平対向直噴ターボエンジンや、SUBARU GLOBAL PLATFORM × フルインナーフレーム構造を採用しました。
新型レヴォーグ プロトタイプの市販モデルは、2020年後半に日本市場で発売を予定しています。


最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link