プジョー「308ディーゼル」サーキット試乗【桂伸一篇】

プジョー 308 ディーゼルの“素の味”をサーキットで検証  …レスポンス YouTubeチャンネル

SUVをブランドの色として強く打ち出すプジョーだが、もうひとつの柱となるのが「ディーゼルエンジン」だ。長きにわたり世界で定評のあるプジョーのディーゼルは、クリーンディーゼル「BlueHDi」へと進化している。今回はその“素の味”を検証すべく、『308』をサーキットに持ち込んだ。
308に設定されるディーゼルは、1.6リットルと2.0リットルの2種類。今回、桂伸一氏が試乗するのは1.6リットルの「Allure BlueHDi」。ハイパフォーマンスの2.0リットル「GT BlueHDi」と比べ、低燃費と初速〜中速域での力強さ=日常での使いやすさを重視したパワートレインだ。
■プジョー 308 Allure Blue HDi
パワートレイン:1560cc・直列4気筒SOHCターボディーゼル
駆動方式:FF
エンジン最高出力:120ps(88kW)
エンジン最大トルク:300Nm
全長:4260mm
全幅:1805mm
全高:1470mm
ホイールベース:2620mm
車両重量:1340kg
JC08モード燃費:21.0km/リットル
協力 プジョー・シトロエン・ジャポン、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
撮影・編集 佐藤靖彦

sponsored link


 

peugeot308diesel.jpg
プジョー「308/508」ディーゼル日本発売→価格299万円〜で燃費21km/Lと新選択肢に!

sponsored link



最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link