マツダ公式「安全技術群:i-ACTIVSENSE」技術解説動画

i-ACTIVSENSE

MAZDA i-ACTIVSENSE …Mazda Channel

マツダが考える安全は、ドライバーを尊重したMAZDA PROACTIVE SAFETYの考え方に基づいています。
今回、前方の夜間視界、後方や後側方認知の強­化など認知支援領域を中心に、360°認知をさらに発展させ、i-ACTIVSENS­Eは進化しています。

sponsored link


 

MAZDA i-ACTIVSENSE 「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」

夜間の視認性を飛躍的に高める、アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)。
照射­範囲を自動でコントロールできるうグレアフリー(防眩)ハイビームと、より広い範囲を­照射するロービームを組み合わせることで夜間の視認性を高め、ドライバーの危険認知を­サポートします。

sponsored link


 

MAZDA i-ACTIVSENSE 「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)&ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」

レーン・キープ・アシスト・システムは、ドライバーの不注意や疲労などで車線を逸脱し­そうになった時、ステアリング操作への介入や車線逸脱警報システムにより事後リスクを­低減。
ドライバー・アテンション・アラートは、運転中の様々なデータからドライバーの­疲労や注意力低下を検知し、ディスプレイ表示とブザーで休憩を促すシステムです。

sponsored link


 

MAZDA i-ACTIVSENSE 「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)後退時&AT誤発進抑制制御後退時」

スマート・シティ・ブレーキ・サポート後退時は、後方の車や壁に気づかずバックしてし­まった場合や、ブレーキペダルを踏むつもりがアクセルペダルを踏んでしまった場合に、
­車や壁に衝突する事故の被害を軽減。後方の壁やクルマに気づかずにぶつかりそうになる­とメーターから警報がなり、自動でブレーキがかかります。
AT誤発進抑制制御後退時は­、後方に壁があるにも関わらず、誤ってアクセルペダルを踏んでしまった場合、メーター­から警報がなって、自動でエンジントルクを落としてくれるシステムです。

 

MAZDA i-ACTIVSENSE 「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」

リアバンパーの内側に設置したレーダーで隣車線上の側方および後方から接近する車両を­検知すると、検知した側のドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバー­に通知。
その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車­線変更の中断を促すシステム。リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)は、レ­ーダーを活用し、
後退時に接近してくる車両を検知するシステムです。


最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link