Abarth「124 spider」徹底試乗;これがアバルトマジック!【クルマでいこう 篇】

tvk「クルマでいこう!」公式 アバルト124スパイダー …tvk3ch

sponsored link


アバルト 124 スパイダー(6MT)

試乗車主要諸元
全長 4060㎜
全幅 1740㎜
全高 1240㎜
車両重量 1130㎏
エンジン L4・マルチエア・ターボ
総排気量 1368cc
最高出力 125kW(170PS)/5500rpm
最大トルク 250Nm(25.5㎏m)/2500rpm
燃料消費率 13.8㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 388.8万円(消費税込み価格)
出演者
FCAジャパン株式会社
マーケティング本部
プロダクト マネージャー
海谷博樹さん

sponsored link


☆岡崎五朗の評価

○・・・ABARTHとマツダのイイとこどり
アバルトは、フィアットをベースに走らせて熱いクルマを作ってきたチューナーでマツダは、ライトウェイトスポーツカーづくりでは世界一のメーカーだ。両者が合体することで、エンジン音や強いスポーツ性などロードスターないものが出てきた。これはすごく良いコラボレーションだと思う。
×・・・ところどころに見え隠れするロードスターの面影
ボディーの外板はほとんど違うが、ダッシュボードやステアリングスイッチといった内装は、ほとんどロードスターと同じ。価格は100万円位高いので、もっとアバルトらしさを色濃く出して欲しかった。

sponsored link


☆藤島知子の評価

○・・・イタリアメーカーと日本メーカーのいいとこどり
イタリア車は実用面よりデザインを優先してしまうことがあるが、このクルマはベース車が日本メーカーである強みで、荷室やドリンクホルダー、バックモニターなどが充実している。シートの造り込みや官能的な音づくり、アバルトらしい走りのパフォーマンスは、このクルマならではの魅力だ。
×・・・マツダ ロードスター+100万円
ロードスターからの変更点や追加装備を考えれば、ロードスターからざっと100万円高というのは、決して高くはないと思う。しかし、このクルマはプライスタグの印象以上に、乗ってみて初めてわかる魅力が多いのも事実。気になる人は、ぜひ試乗をオススメしたい。

 

アバルト124スパイダー¥
Abarth「124スパイダー」日本発表:価格388万円〜はマツダ国内生産の恩恵?10/8発売開始!


最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link