トヨタ「新型RAV4」速攻試乗:ガソリンモデルの方が好印象!

3年ぶりに復活したトヨタRAV4を速攻試乗!

sponsored link


世界中で空前の #SUV ブームとなっている昨今、3年ぶりに日本市場への復活を果たしたのが #トヨタ #RAV4 。
このモデルは1994年に都市型のコンパクトSUVの先駆けとして登場し、一気に人気モデルへと成長を果たした。その後、RAV4は2代目、3代目へと進化するものの、4代目は日本市場では発売されず、3代目が2016年まで販売を継続した後にモデルを終了。22年の歴史に幕を下ろした。
しかしながらその直後からのSUVブームとSUVカテゴリーの細分化を受けて、3年ぶりの復活を果たしたのが今回の5代目となる新型RAV4である。
このモデルはガソリン仕様とハイブリッド仕様の2種類が用意され、ガソリン仕様は2.0L直4直噴のダイナミックフォース・エンジンを搭載。最高出力171ps/最大トルク21.1kgmを発生し、1速ギアを持つダイレクトシフトCVTを介して、新たにトルクベクタリングを備えたダイナミックトルクベクタリングAWDを介して駆動力を路面に伝える。
一方ハイブリッドは2.5LエンジンにトヨタTHSIIハイブリッドを組み合わせた定番のパワートレーンを搭載。さらに電動4WDとなるE-fourでは、リアにモーターを搭載して電子制御で4WDをコントロールする仕組みを採用している。
今回のモデルでは、特にガソリンターボ搭載モデルに組み合わせられる4WDがダイナミックトルクベクタリングAWDという新機構を搭載。これによって4WDながら優れた回頭性を持った走りが自慢だ。
またデザイン的には”ギア”感覚を強めて、昨今の”カーライク”なSUVとは異なる方向性を打ち出しており、あえて好き嫌いがハッキリと別れそうなデザインを採用したといえる。
果たして3年ぶりに日本市場に投入されるRAV4の実力はいかに? LOVECARS!TV!キャスターで自動車ジャーナリストの河口まなぶが朝霧高原周辺で試した。

sponsored link


 

トヨタ「新型RAV4」日本発売:最新技術ぜんぶ乗せのど真ん中SUVで価格は260万円から!
20190410_01_kv_w1920 - Edited

sponsored link


 

トヨタ「新型RAV4」TRD/MODELLISTA 公式アクセサリーパーツ


最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link