日産「新型リーフ」発表;発表会&実車映像を公開!

日産、EV「リーフ」全面改良=航続距離400キロ、自動駐車機能装備  …時事通信社/JIJIPRESS

日産自動車は6日、走行中に二酸化炭素(CO2)などの排ガスを出さない電気自動車(EV)「 リーフ」を全面改良し、10月2日に発売すると発表した。
2代目となる新型モデルはバッテリーの容量を大きくし、フル充電した場合の連続走行距離を従来の280キロから400キロに延ばした。価格は315万360円から399万600円。
高速道路の単一車線を自動で走行する独自技術「プロパイロット」を搭載。日産車で初めて、ボタン操作で縦列駐車できる機能も採用した。
記者発表に出席した西川広人社長は「初代が持つ先駆者としての役割から進化し、新型 リーフは今後の日産のコア(中核)となる実力を持った車だ」と自信を示した。
新型モデルは海外市場にも投入し、米国、カナダ、欧州では2018年1月に発売する。18年にはフル充電での走行距離をさらに延ばしたモデルの追加を予定している。
10年に発売した初代の累計販売は約28万台で、このうち日本国内での販売は約8万台。新型モデルは国内で年間3万6000台の販売を目指す。

sponsored link


 

日産「新型リーフ」エクステリア&インテリアデザイン公開!

sponsored link



最新モデルの試乗レポートなどのBlogランキングリストはこちら
この記事への「イイね」は以下のクリックをお願いします。記事ランキングに反映されます。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ

sponsored link


sponsored link